金型開発

常に高度な技術に挑戦しています

ミクロン単位の精度の追求

数十年もの開発経験を蓄積

以下の金型は開発と設計において長年にわたる経験を持っています

auto parts

オートバイ部品

ステアリングナックル、ブレーキディスク、排気管、インテークマニホールド、ターボチャージャー、シリンダーヘッド、カムシャフト、三脚、パイプ継手

hydraulic parts

油圧設備

油圧バルブ、ポンプ

gearbox-housing

航空部品


キャリアベアリング、ハウジングベアリング、ハウジングギアボックス、ハウジングスクロール、インペラーバックシュラウド

housewares

家庭用部品

コンプレッサー部品、家電部品、水金具、調理器具 

farming

農業機械

トラクターギアボックスハウジング、クラッチハウジング、クランクケース

fan

石油産業

ポンピングファン

製造上の課題を事前に解決

CAEによる仮想試作を行う

CAEが担うことによって、試験コストダウンや品質改善が促進されます

'コスト削減は &
納期の短縮など'

型修正と試作を繰り返す工程は、製品開発の期間とコストを増大します。金型設計では、ProCASTやSolidCastなどのコンピュータシミュレーション解析を使用して、完成した鋳物を事前に分析し、最適なソリューション設計を提案し、金型修正や不良率の可能性を減らし、生産歩留まりを向上させます

 

 

 

金型 の例

真のニーズを
理解することが

最高の品質を追求する